www.gvabf.org
FXの投資をする上での対象は、世界各地の通貨です。公式貨幣に際して勉強してみたいと計画しています。・流通通貨には「基軸通貨」とよばれるものがございます。基軸通貨の意味は世界各国間の決済について金融商品の取引について中心的に使用される公式貨幣のことを指しますが、今日では$(米ドル)の事をいいます。往時は英ポンドが基軸通貨でしたが第二次世界大戦の後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なるに至ります。・FXでやり取りしている公式貨幣の種類に際しては他で言うところの外貨での投資と比べてみると非常に多数というのが特殊性というのがあります。FX企業によって、取り扱う公式貨幣の種類においては、変わってますが通常では約20種類ある様子です。20種類の中でも流動する性質が高い貨幣をメジャー通貨と言います。流動する性質が高い数値とは売買が活発にやられておりまして、公式通貨のビジネスが簡易なという意味です。主とされている貨幣には上の文にて述べました基軸通貨の$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、¥(日本円)¥(円)、ユーロ(?)3種の貨幣があって世界の3大通貨呼ばれています。英ポンド、ニュージーランドのドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と称されております。変動が低い通貨はマイナー通貨と称されて、やや経済における力が弱い国の通貨で南アフリカランドやポーランドズロチ、メキシコペソなどが主要な通貨に関しては、売買している量が多量ですという事もあって値の高安が一定水準でニュースの数も多くいきかっているようです。マイナー通貨に関しては、利子の面で高い価格なことが多く、値の高安が大きいみたいです。価格の起伏が激しいという事においては多大な黒字を受け取るタイミングがありますが、儲けがある分危険性も大きくて冒険事があります。更に動きが低い公式通貨であるからして、売買を完了したいと思っているときに出来ないと考えられる事があるのです。何の通貨を品定めするのかはケースバイケースの公式貨幣の特性を注意深く調査してから試みる必要があると思いました。