www.gvabf.org
任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは別に自賠責保険の範囲ではまかなうことが難しい補償を考慮しているとても大事な保険です。この任意保険のポイントは自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険ということで働きますので、自賠責保険でカバーできる支払い限度額を超えた際に役立ちます。さらに自賠責保険には物に対する損害については補償対象にならないので、それを補う時にはさらに任意保険にも入ることをお勧めします。今現在任意保険を納めているマイカーを処分する時は、日本の車でも輸入車というようなことは例外なく、残っている分が戻ってきます。これは国産自動車も同じことが言えます。自賠責保険普通は入ったままにしておくのが常識ですが任意保険というのは皆が加入するものではありませんから契約解除をすることになります。それで解約後は納めている返戻金が返金されるということになります。自動車の売却が決定したと言っても即加入している任意保険を中途解約するというのはリスクがあります。勿論、すぐさま中途解約してしまえばそれだけ戻ってくる保険料は増加しますが、もしも中古車買取店が遠くにあって自分で運転していくような際は任意保険に加入していない状態で自動車の運転をしなければなりません。リスクを考えて絶対にもう自分が車の運転をすることはない状況になるまでは任意保険のキャンセルの手続きはされないようにする必要があります。愛車を売却して、すぐに新たな自動車に乗り換えるのでしたら問題ないのですが仮にずっと車に乗らない状態が続き任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこの任意保険未加入の期間が存在すると過去に加入していた時の保険の等級が下がるので保険料の金額が増えてしまいます。そういったような時であれば「中断証明書」というものを発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」で最長で10年は解約前の等級を引き継ぐことが可能です。さらに13ヶ月以内でしたら発行してもらうことができるので、もしも既に愛車を売却済みで「中断証明書」という書類を出してもらっていないケースでは、保険の提供元や任意保険の代理店にその旨を伝えるようにしましょう。仮にあなたがまた車を購入して前に所有していたクルマを買取依頼するのでしたら契約はどちらか一方のみの契約になります。契約し直しになるため、運転をする予定の愛車だとしたら買い取りまで注意しなければなりません。さらに任意保険は排気量や車種で料金が相当違ってきますから、中古車買い取り時は任意保険そのものをチェックしてみる良い機会とも言えますね。