www.gvabf.org
契約店で全部の所有カードが決済できるわけではありません。▼カードの契約店舗は大抵ときには5を超えるカードの運営会社に入っていますが、不便なことに全ての契約店舗でみなのタイプの所有クレジットカードが決済できるわけではありません。一例をあげれば旧態然としたショップのときにはJCBのマークの入ったクレジットカードしか切れないときもあるし最近できた店舗だとVISAやMasterCard印の書いたカードのみしか使えない場合もあります。ディスカバーカードのようなクレカだったら、もっともっと使用不可な場所が増えるのではないでしょうか。どのマークのクレカが決済できるかをいかなる方法で見分けたら良いのか「ならどのようにしてどのマークのクレカが使用可能かというのを見分けるといいものか?」というと確実に理解するには店舗の店員に見せてみる以外にはないというのが残念だけど正解。ただし大部分の店舗やレストランには加盟店の目につきやすいところに切れるクレカのロゴが書かれた加盟ステッカーが貼られているため、「ああこの店舗ではアメックスが使用可能なのね」というのが迷わないようにされているため心配しないようにしていただけると思います。正しく管理が行き届いていない加盟店舗で切るときにはロゴシールが貼られている状況でも「当店ではご使用のカードはお受けいたしかねます」といった回答をされてしまう場合もあるのでメンツをつぶされてしまう状況に出くわしかねません。欲を言えば可能な限りより多くのショップでクレジットカードが使えるようにしたいのならば別の印(欧米圏のロゴ)がプリントされている一般的なライフカード、等のクレジットカードを2、3枚申し込んでおくようにするとよいでしょう(例えば:ニコスカードをいつも使っているなら次はディスカバーカード付属のクレジットカードを携帯するようにする等)。もっぱら国内においては、VISAカード、MasterCard、JCBの3つの契約が入ったカードをその都度持っておけば、だいたい100%の加入店舗でいずれかのクレジットカードを使用するよう準備できていることになります。クレカを活用して効率よくカードライフを継続していくには、万能に対応できるカードを契約しておいて損はないと思います。