マイナスは早急にリカバリしたいと思うでしょう

*** PR ***

  • 初心者用の外国為替証拠金取引の書籍では「損が生まれた時はナンピン買いして全体のコストを下げる」と記述されている事もありますが、現実的にはナンピン買いにはかなりの危険が待ち受けています。過払い金返還請求 相談

    まず最初に、ナンピンの手法についてとても簡単に説明します。

    例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

    ドル買いなので、円安ドル高に向うほど利益を得られますが運悪く95円まで円高ドル安方向に進んだとします。

    このままの場合所有し続けたら、利益がでるためには5円分円安ドル高に動く必要があります。

    誰もが、マイナスは早急にリカバリしたいと思うでしょう。

    この状況を打破するため最初に注文したのと同じ分の$(ドル)を、1ドル=95円で買い増しする。

    そうすると、ポジションの価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

    その結果、半分の幅でドル高に向えばマイナスを回復できる。

    この流れがナンピン買いの手法です。

    こういうふうに、ナンピンの理論を耳にすると「ごもっとも」と考えたりするが、市場はそう易々と思い通りにはいきません。

    そもそも、95円が底だということなど誰一人として分かるわけがありません。

    たとえば、外国為替市場が相当の円高傾向だとすると、1ドル95円ではとまらずより一層円高ドル安に向う確率は高いです。

    1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高になったら、ナンピンをしたポジションもマイナスが生じてしまいます。

    そういう状況では初めにエントリーしたドルとトータルで、2倍の損失が生じる事になります。

    このように、ナンピン買いは厄介です。

    では、為替が自身の脚本とは別の方向にどんどん向ってしまった場合どういった手法で危険性を管理すればいいのでしょうか。

    こういう場合には選択する術は2つしかありません。

    ひとつめは覚悟を決めてポジションを諦める事です。

    もうひとりは自分自身が持っているポジションを減らす事で、再度相場が回復するのを黙って待つことだけです。

    相当消極的なやり方だとみる人もいるだろう。

    だが、自分の持っているポジションにマイナスが生じた場合一番リスクが低い手法はこれ以外にはありません。

    当然、理論上は、ナンピン買いを入れるという対策もありえます。

    だがナンピン買いは、あなたがマイナスになっている場面でポジションを減らすどころか、反対に買いポジションを積んでいく対策です。

    この方法では、危険を制御することなどどう頑張っても無謀だと考えるべきです。

    ナンピン買いをしていけばやがては勝てるかもしれません。

    だが、そうなる前に投資資金は足りなくなってしまいます。