単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が

*** PR ***

  • 外国為替市場介入(為替介入)というのを耳にした事がありますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌記事、テレビ番組、インターネット等の記事で注目したみなさんも多いでしょう。キレイモ立川北口店

    元来外国為替平衡操作(為替介入)というものは日本においては、・大臣(財務大臣)円の相場の安定化を実現するように実施する手はずということで考えられています。

    簡潔に言うと、かなりの円高、円安の場合に財務大臣の指図によって日銀が円の売買をして為替レートの安定化を狙うものを言います。

    為替介入(外国為替平衡操作)とは方法が何通りかあります。

    1.単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京での市場において積極的に市場に加わり為替の介入を行なう。

    2.協調介入・・・多くの通貨当局が話し合ったうえで各々の銀行などがお金を以てタイミングを合わせてあるいは続けて外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。

    3.委託介入・・・他の国の通貨当局への為替介入(外国為替市場介入)を委任する。

    4.逆委託介入・・・日銀が国外の通貨当局に代わって為替介入を執行する。

    こんなやり方です。

    いずれの種類の為替の介入も短期に、継続して為替に多くの影響を与えます。

    介入の額は当たり前のことですが国家の面目をかけて行なうのですからスケールが大きいです。

    円を例にしてみると、日頃は数銭単位で動いているレートが突如数円単位の変動をします。

    投資家の方なら一回くらいは体験していると思うのですが、それまでは期待通りに利益(あるいは損失)が増加していた保有高を持続していたところへ、持続しているポジションが決済しましたという通達が業者の発信でEメールが届き。

    どれほど利益が出たのかな(損したのかな)?と気にしながら決済されたデータを確認したところ自分で考えていた内容とは真逆の状況でびっくりした例があります。

    介入が行われた時によくある話です。

    為替介入(外国為替市場介入)が実施されることで為替市場の傾向と正反対の変動をするのです。

    なおかつ変化する金の幅はものすごく大きくでかく変動するため注意が必要です。