為替の傾向と反対の動きをするのです

*** PR ***

  • 為替介入(外国為替市場介入)というものを耳にした事がありますか?日銀が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞記事、ネットなどの記事でご覧になった方も多いと思います。職場への在籍確認

    最初から為替介入(外国為替市場介入)というものは日本においては、・財務大臣が為替の安定を保てるように使う戦略と考えられています。マイクレ

    簡潔に言うと、かなりの円高または円安が起きると財務大臣の指図により中央銀行である日銀が円を取引することで円相場の安定化を狙うことを言います。

    外国為替平衡操作(為替介入)には種類があります。

    1.単独介入・・・政府機関・日本銀行が、東京での市場の中で自主的に市場に加わって為替介入を行なう。

    2.協調介入・・・銀行などが相談のうえ、各通貨当局の持ち金を出して同時ないし続けて外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。

    3.委託介入・・・他の国の銀行などへ向けて外国為替市場介入(為替介入)を委ねる。

    4.逆委託介入・・・日本銀行が異国の銀行などの代わりに外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。

    以上のような方法があります。

    いずれの方法の介入も一時的に、あるいは引き続いて為替に多大な効果を与えます。

    外国為替平衡操作(為替介入)の額は当たり前のことですが国の誇りをかけているのですからスケールが大きいです。

    円を例に例えると、いつもは数銭単位で動く円レートが一気に数円ずつの動きをするのです。

    個人の投資家の方でしたら今までに体験したことがあると思うのですがこれまで期待通りに含み資産(または損失)が多くなっている保有高を保っていたのに、維持している持ち高が決済しましたとの通達がFX業者の人間からメールが。

    どれだけ利益が出たのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済後の報告を確認したら、自らが予測していた事と真逆の内容に驚いてしまったとの事例があったのです。

    為替の介入が実施された場合によく聞く話なのです。

    このように為替介入を施行すると、為替の傾向と反対の動きをするのです。

    まして変化する金額の範囲はかなり大きく動くため用心が必要です。