この主張は使用する立場としての考えではあります

*** PR ***

  • 75-7-18
  • 75-14-18
  • 75-11-18
  • 75-6-18
  • 75-19-18
  • ローンした場合、支払う時には金利を含めての払いになるのは誰もが知っていると思います。75-20-18

    銀行又は金融機関は経営の利益をターゲットにした業者なのですから当然です。75-10-18

    とはいえ支払う方は、少しでも少なく返金したいと思うのが内心でしょう。75-17-18

    利息制限法が定められる一昔前は、年率30%近い利子を支払っていましたが、設けられてからは高利率でも年18%位といくぶん低く定められていますので、かなりリーズナブルになったはずです。75-5-18

    最近の融資の利率幅は4%位から18%位の枠が設定されていて、利用可能額により決められます。75-9-18

    利用可能額は借り主の信用度によって決定されます。75-8-18

    総量制限により一年の収入の1/3までと定められていますので、年収がどの程度なのか?どういう職についているのか?キャッシングカードの使用履歴はどうなのか?もろもろ確認され与信額としてキャッシングサービスの内容が決まります。75-4-18

    カードキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各企業でサービスは違います)と広い範囲があります。75-18-18

    そしてその幅の中で定めた利用可能金額により金利も決まります。75-13-18

    50万円なら18%、300万円なら年間12%、800万円なら年率4%といった数値になるはずです。75-12-18

    いわば、評価が高評価であれば、与信額も高くなり、利率も下がるはずです。

    この金利に違和感を覚えるのは僕だけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、それらは常識なのかもしれませんが、収入の高額な人がお金の借入れが不可欠と考えずらいですし、もしキャッシングしたとしても利息が良かろうが悪かろうが返済に追われる事はないのです。

    逆に年収良くない人は咄嗟にお金がほしいから借り入れを行う方が多く、金利が多いとお金の支払いに追われるようになります。

    ですので借り入れ可能範囲の良くない人こそ低金利で使えるようにする必要があるのではないでしょうか。

    この主張は使用する立場としての考えではあります。

    これらの事を考慮すると、利息を少なくする為にはどうすれば良いのか漠然と理解したでしょう。

    現にこれから書く方法で、手続きを申し込む人が大多数なので知らせますと、キャッシングの申請をする時に、年収の1/3ぎりぎりの額まで申込みの手続きをするのです。

    年収450万円なら150万円。

    年収600万円なら200万円。

    年収900万円なら300万円でカード審査で満額通ればその分利息が低いキャッシングカードを手に入れることができるのです。

    とは言っても全額使用しなければならないわけではありません。

    1万円でも30万円でも必要な分だけ利用可能です。

    さらに利用限度金額が300万円で最低利子年率7%位のローン業者も有りますので、そちらを手続きを申し込めばその会社の最低利子で利用できるようになるはずです。

    どう感じましたか?アプローチを変えるだけで低利子のクレジットカードを持参することが出来るのです。

    自らの年の収入と金融会社の利子を並べて、調べる事に時間を掛ければ、より有利な契約でキャッシングできるはずなので、面倒だと思わず調べるようにしてください。