3クレジットカード会社保管用使用レシート(記名する明細)

*** PR ***

  • クレカをショップにて使用する際に、何度も感じたことがあるのではと思うのだが、担当者が未熟なことでどのレシートを利用者のもとへ渡して良いのか迷うことがあるのではないでしょうか。

    クレジットカードを使用すると、カード端末より3組綴りの明細というものが印刷されるからでこれらのうちどの明細を客の方へ差し出すべきか判断できないということがあるのです。

    数枚のレシートの意味:明細の説明は何なのかについての概要は、↓の通りです。

    1客に渡すべき使用レシート。

    2店舗控え明細レシート。

    3クレジットカード会社保管用使用レシート(記名する明細)。

    本来であれば例外なく客側へ渡す使用レシートを渡すものですが、時には違う利用レシートの方をカード利用者のもとへ見間違えて渡すというというケースの他記名した側の明細自体を渡す事例さえも見受けられる。

    特に時間給の人などや、通常クレジットが使われることのない店舗等で会計する際提示すると店舗従業員の心の乱れというものが体験できると思います。

    もしレジ担当者が間違った利用明細を渡してきた際には「違いますよ」と言って上げて欲しい。