www.gvabf.org
全損とはその名の通り愛車のすべてが故障してしまう状況ですなわち走ることが出来ない等移動手段として役目を果たさなくなった状況で用いられますが車の保険においての(全損)はちょっとちがった意味があります。保険の場合では車が損害を受けた時に〈全損と分損〉の2つの種類区分され分損は修理のお金が補償金内でおさまる状況を言い表し《全損》とは修復費が補償金を超えてしまうことを言います。一般的には、乗用車の修復で全損と判断されると車の最重要のエンジンに重大な被害を受けたり、フレームが歪んでしまって修繕が難しい時リユースか処分にするのが普通です。けれども、自動車事故でお店や保険屋さんがそのような修理の費用を予測した時にいかに見た感じがしっかりとして修復が可能である場面でも修復費が保険額よりも高ければそもそもなんで自動車の任意保険に加盟しているのか分からなくなりそうです。そういうときには、《全損》と判断してマイカーの所有権を車の保険の会社に譲渡し補償額を貰うシステムとなっています。当然長い間乗った車で愛情があり、自分でお金を出して修復をしてでも所持したいと思う人はかなりいるので場面にて自動車保険の会社と話し合ってみるといいと思います。また、乗用車の保険によってはこのような場合のために車両全損時諸費用補償特約など全損時のための特約つけている場合が存在し、予期せず自家用車が全損となった際でも新規購入など代金を一部分払ってくれる場面も存在したりします。さらに盗まれた時の補償の特約をつけるならば被害にあった車が発見されない場合も全損となり保険金が支払われる仕組みになります。